【男の子産み分け】男の子がほしいときに食べるべき食べ物は?

昔からよく言われているのが「食べ物での産み分け」。

食べ物で産み分けなんて本当にできるの!?と思う方もいますよね。

実はこれ、たしかに半分くらいは迷信のような感じなのですが、半分は理にかなった方法でもあるのです。

ここでは、男の子がほしい場合にどんな食べ物を食べるのがいいのか、本当に食べ物で男の子産み分けはできるのか、その理由も含めてご説明していきます。

 

男の子がほしいなら積極的に摂りたい食べ物

男の子を授かりたい場合には、ママの体をアルカリ性に傾けることがポイント。つまり、

男の子がほしければ”アルカリ性”の食べ物を食べましょうということなんですね。

どうしてママの体をアルカリ性傾けるといいのかというと、その理由は赤ちゃんの性別が決まる仕組みにあります。

赤ちゃんの性別というのは、受精卵の染色体(X、Y)の組み合わせで決まります。

男の子になる受精卵は、X染色体の卵子とY染色体の精子が受精してできます。

Y染色体をもつ精子は「アルカリ性」の環境に強いので、できるだけ女性の体をアルカリ性に傾ければ男の子を授かりやすくなるというわけなのです。

アルカリ性の食べ物

具体的なアルカリ性の食べ物は、

緑黄色野菜、きのこ類、海藻類、大豆などの豆類など

健康によさそうな食べ物ですね。男の子うんぬんは置いておいたとしても毎日少しずつは摂りたい食品です。

 

 

アルカリ性の食べ物を食べれば本当に男の子が生まれる?

アルカリ性の食べ物を毎日食べたとして、本当に男の子を授かることができるのでしょうか。

ここまで書いておいてなんですが、実はアルカリ性の食べ物を食べるだけで体をアルカリ性に傾けるというのは難しいというのが事実のようです。

私たちが食べたものはすべて、いったん胃や腸で消化吸収されて、私たちの体を作る栄養となって体中に運ばれます。

このときに、体がpH値(酸性かアルカリ性か)のバランスをうまく取るように作用するため、アルカリ性の食べ物を食べる=体がすぐにアルカリ性になるというわけではないようなのです。

なので、結論としては、アルカリ性の食べ物を食べるだけで男の子を授かる確率が格段にアップするということはなさそうですね。

ただ、アルカリ性の食べ物は妊活中のママにとっては栄養素的にとてもいいものばかりですし、まったくアルカリ性のものを食べないよりはプラスの影響もあると考えられるので、積極的に摂った方がいいでしょうね。

食べ物とその他の方法を組み合わせることで確率アップ

 

こんな風に言うと「やっぱり食べ物で産み分けできるなんて迷信だった!」と思うかもしれませんが、アルカリ性の食べ物に他の産み分け方法を組み合わせることで確率をアップさせることは可能です。

食べ物で直接的に膣内をアルカリ性に傾けるのは難しいかもしれませんが、「産み分けゼリー」を使えばダイレクトに膣内を「アルカリ性」に傾けることができます。それに加えて、長期間アルカリ性の食べ物を積極的に摂り続けることで、その可能性をより広げることができると考えることもできます。

もちろん産み分け自体が確率100%ではありませんので、「これをやれば正解!」というのは見つけづらいかもしれません。ただ、いくつかの方法を組み合わせることで確率を少しずつアップさせていくことはできるのです。

もちろん、妊娠を希望する場合はバランスのいい食事というのもとても大事になってきます。

なので、アルカリ性の食べ物を積極的に摂りつつ、トータルの栄養バランスにも気をつけながら、ほかの方法も併用して新しい命を迎える準備を整えてみてはいかがでしょうか。