女の子がほしいときに使う産み分けゼリー|おすすめはどれ?

今、産み分けをしたいと考えているカップルの多くが取り入れている方法が、産み分けゼリーです。

男の子もかわいいけど、「男兄弟だけじゃなく、最後に1人女の子も育ててみたいな」なんて思うママは多いんですよね。

ここでは、そんな「女の子」がほしい方のために、人気の産み分けゼリーをご紹介します。

 

国産の女の子用産み分けゼリーの種類

日本で簡単に手に入れることができる女の子用の国産産み分けゼリーは4種類。

杉山産婦人科のピンクゼリー、ハローベビーガール、ベイビーサポート for ガール、ジュンビーピンクゼリーです。

 

それぞれの産み分けゼリーに違いはある?

この4種類のゼリーのうち、

杉山産婦人科のピンクゼリー

と、その他の

ハローベビーガール、ベイビーサポート for ガール、ジュンビーピンクゼリー

で一番大きく違う部分は「使い方」です。

使い方の違い

杉山産婦人科のピンクゼリーは、ビンに入ったゼリーをお湯で温めて溶かしてから附属のシリンジで適量吸い取って膣内に入れるという作業をする必要があります。

性交する前にこれだけのことをやる余裕がある人向けですね(笑)

逆に、ハローベビーガール、ベイビーサポート for ガール、ジュンビーピンクゼリーの3つのゼリーは、1回分のゼリーが入った使い切りのシリンジタイプなので、ゼリーを湯せんしたり適量を自分で吸い取る手間は一切ありません。

シリンジの先端についたキャップを外して膣に挿入してゼリーを注入するだけなので、10秒くらいで注入は完了できます。

産み分けゼリーは、性交の直前に膣内に注入して使います。そう考えると、使いやすいハローベビーガール、ベイビーサポート for ガール、ジュンビーピンクゼリーが圧倒的におすすめです。

成分を公開しているかの違い

ハローベビーガール、ベイビーサポート for ガール、ジュンビーピンクゼリーはすべての成分が公式サイトで公開されています。

女の子の産み分けに必要なのは、膣内を酸性に保つこと。

酸性にするための成分はどのゼリーにも配合されているのですが、それがどんな成分で安全性は高いのかどうかまで知ることができるというわけですね。

一方で、杉山産婦人科のピンクゼリーは基本的に成分は公開していません。なので「実際にどんな成分によって膣内を酸性に傾けるのか」というのは見えないんですね。

ただ、一番歴史も古く、産み分け指導をしている病院でも処方されるものなので、変な成分は使っていないはずですし、そうした権威性で選ぶというのもアリだと思います。

成分が全公開されている方が安心か

病院で使われているものだから成分が分からなくても安心か

考え方には個人差があると思うので、自分が納得して使える方を選ぶようにしたいですね。

 

産み分け成功確率の違いはある?

一番気になるのが「産み分けの成功確率」です。

実は「どのゼリーを使っても成功確率に差はない」というのが正解でしょう。

というのも、すべてのゼリーが「女の子になる精子に有利な酸性の環境を作るための成分」を含んでいます(上で書いたように、杉山産婦人科のピンクゼリーは成分を公開していませんが、個別で確認したところ「pH値をコントロールする成分は入っている」ということでした)。

ゼリーを使った産み分けの成功率は70~80%程度と言われています。何もしなければ50%の確率ですので、かなり成功率はアップするということが分かりますね。

もちろん、確率が100%でない以上は「絶対に女の子が生まれる」というわけではありません。そのことも踏まえて、確率をあげて可能性を広げるために産み分けゼリーを使うのであれば、ここで取り上げている4つのゼリーはどれも有効に使えると言えます。

 

どんな基準で産み分けゼリーを選べばいい?

確率的にはどれを選んでもほぼ同じ。

となると、

使いやすいか?

特典などが自分が求めるものか?

続けやすい価格か?

といったことが、産み分けゼリーを選ぶときのポイントとなります。

個人的には、使いやすさで「個別シリンジ型」のハローベビーガール、ベイビーサポート for ガール、ジュンビーピンクゼリーから選ぶのがおすすめ

その中で、特典やキャンペーンなどを比べてみて、自分に一番お得感があるものを選ぶのがいいでしょう。

また、女の子を授かりたいなら、排卵日の2日前に性交するというのもポイントです。

排卵日になるとふだんは酸性の膣内がアルカリ性に傾いてしまいます。女の子になる染色体をもつ精子はアルカリ性の環境に弱いので、たとえゼリーで酸性に傾けたとしてもその確率は低くなってしまいます。

排卵日をしっかり計算して、2日前に産み分けゼリーを使って性交するというのが、女の子を授かるための必勝パターンです。