【女の子産み分け】食べ物で産み分けはできる?女の子がほしいときに食べるべき食べ物

「食べ物が生まれてくる赤ちゃんの性別に影響する」という話を聞いたことはあるでしょうか?

「どうせ迷信でしょ?」とか「食べ物を変えるだけで生まれてくる赤ちゃんの性別が変わるなんて信じられない」という人も多いはず。

でも、実はこの「食べ物で産み分けできる」説は、あながち「迷信」とも言い切れないのです。

では、女の子がほしい場合には具体的にどんな食べ物を食べるのがいいのでしょうか。そして、本当に食べ物で女の子産み分けはできるのでしょうか。その理由も含めてご説明していきます。

 

女の子がほしいなら積極的に摂りたい食べ物

女の子がほしい場合に食べた方がいい食べ物は、ズバリ

”酸性”の食べ物です。

その理由は、赤ちゃんの性別が決まる仕組みにあります。

赤ちゃんの性別は、受精卵の染色体の組み合わせで決まります。

X染色体の卵子とX染色体の精子が受精することで、女の子になる受精卵ができるのです。

X染色体をもつ精子は「酸性」の環境に強いので、できるだけ体を酸性に傾けることで女の子を授かりやすくするというのが産み分けの考え方です。

酸性の食べ物をより多く摂ることで、できるだけ体を酸性に傾けましょうということなんですね。

酸性の食べ物

具体的な酸性の食べ物は、

肉類、卵・乳製品、お米やパン、じゃがいもやニンジン・キャベツなどの野菜、魚介類、オレンジやイチゴなどの果物、サラダ油など

これらのほかに、お酢コーヒーなども典型的な「酸性」の食品なのですが、どちらも刺激が強い食品ですので、摂るとしても適度に摂取するようにしましょう。

 

酸性の食べ物で女の子の産み分けに成功した人はいるの?

女の子を授かりやすくするためには、”酸性”の食べ物がいいということが分かりました。

では、食べ物を変えることで産み分けに成功したという人は本当にいるのでしょうか。

”一番上が男の子だったこともあり、二番目は女の子がほしくて、できるだけ酸性のものを食べるようにしていました。酸性のものを中心にした食事に変えてから半年くらいしたころに妊娠が発覚。希望どおりの女の子でした!

ただ、私の場合は食事を変えただけでなく、女の子用の産み分けゼリーも併用して使っていました。両方の相乗効果なのかなと思っています。”

この方の場合は、酸性の食事を摂り入れることで産み分けがうまくいったことが分かりますね。

一方で、

”酸性の食べ物が女の子の産み分けにいいと聞いて、毎日お肉や果物などをせっせと食べ続けました。酸性の食事を意識しはじめてから2か月くらいで妊娠したのですが、結果は男の子。

やっぱり食事だけでは難しいのかもしれませんね。でも、男の子でも最高にかわいい!新しい家族を無事迎えられたことには感謝しかありません。”

この方のように、酸性の食べ物を食べたけど男の子だったという方もいます。

これだけで判断するのは難しいかもしれませんが、酸性の食べ物”だけ”で女の子を授かるというのはちょっとハードルが高いのかもしれませんね。

 

食べ物とその他の方法を組み合わせることで確率アップ

実は、どうやら酸性の食べ物を食べるだけで体を酸性に傾けるというのは難しいようです。

というのも、食べたものは一度胃や腸で消化吸収されて私たちの体を作る栄養となって体中に運ばれます。

このときに、体がpH値(酸性かアルカリ性か)のバランスをうまく取るように作用するため、酸性の食べ物を食べる=体がすぐに酸性になると直結しているわけではないようなのです。

こんな風に言うと「やっぱり食べ物で産み分けできるなんて迷信だった!」と思うかもしれませんが、酸性の食べ物に他の産み分け方法を組み合わせることで確率をアップさせることは可能です。

上の口コミにもあるように、産み分けゼリーを使って膣内を直接的に「酸性」に傾け、さらに長期間酸性の食べ物を積極的に摂り続けることでその可能性を広げることができたと考えることもできます。

産み分け自体が100%ではないので、なかなか正解は見つかりづらいかもしれません。ですが、いろんな方法を組み合わせることで確率をじわじわとアップさせていくことはできるのです。

もちろん、妊娠を希望する場合はバランスのいい食事というのもとても大事になってきます。

なので、酸性の食べ物を積極的に摂りつつ、バランスにも心がけながら、ほかの方法も併用することで新しい命を迎える準備を整えるというのがベストですね。