妊活に取り組んでいる中で自然と頭に思い浮かぶのは、「できれば次は女の子がいいな」「今度は男の子を育ててみたいな」という赤ちゃんの性別に関する希望です。

元気な赤ちゃんを授かれればそれでいいと思っていても、「男の子がほしい」とか「女の子がほしい」という希望を持つことはとても自然なこと。

そこで、ここでは「男女の産み分けに挑戦したいけど、具体的にどうしたらいいのかよく分からない」という方のために、

産み分けって本当にできるのか

産み分けは安全なのか

具体的な産み分け確率アップ方法

について詳しくご説明していきます。

産婦人科で診療してもらわなくても、自宅で自力で十分にできる産み分け方法もありますので、これから産み分けに挑戦したいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

男の子・女の子の産み分けは本当にできる?

何もしなければ、男の子・女の子を授かる確率はそれぞれ50%です。

それに対して、ここで取り上げている方法では、確率が高いものだとほぼ100%、それ以外でも70~80%までアップさせることができると言われています。

ただし、たとえ100%に近い方法であっても、1回の挑戦で妊娠することができるかどうかは別問題。なので、「1回で確実に希望の性別の赤ちゃんを授かりたい」と考えているなら、産み分けに挑戦するのはやめた方がいいでしょう。

もちろん、方法によっては妊娠したとしても絶対確実に希望どおりの性別の赤ちゃんを授かれるというわけではありません。あくまでも、確率を高めるため、可能性を広げるための方法として考えるようにしてください。

何もせずに神頼みの場合=確率は50%

産み分け方法を取りいれた場合=確率は70~80%以上

このように、産み分け方法を取りいれた妊活をすることで、合理的に確率をアップさせることができて、希望どおりの赤ちゃんを迎えられる可能性はグッと広がるのです。

赤ちゃんの性別が決まる仕組み

産み分けに挑戦する前に、どのようにして赤ちゃんの性別が決まるのかその仕組みを簡単にご説明します。

赤ちゃんができるためには、ママの卵子とパパの精子が受精してひとつの「受精卵」になる必要があります。受精卵ができた段階で、その新しい命の性別が決まります。

性別が決まるポイントは、受精卵の染色体がどんな組み合わせになっているかということ。

卵子がもつ染色体はすべて「X染色体」です。それに対して、精子には「X染色体」を持つものと、「Y染色体」を持つものの2種類があります。

卵子(X染色体)×精子(X染色体)=女の子になる受精卵

卵子(X染色体)×精子(Y染色体)=男の子になる受精卵

このように、X染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子のどちらが卵子と受精するかによって、男女の性別が決まるのです。

X染色体をもつ精子・Y染色体をもつ精子の特徴

女の子になるX染色体をもつ精子、男の子になるY染色体をもつ精子には、次のような特徴があります。

X染色体精子(女の子になる) Y染色体精子(男の子になる)
酸性に強く、アルカリ性に弱い アルカリ性に強く、酸性に弱い
泳ぐスピードが遅い 泳ぐスピードが速い
寿命が長い(2~3日) 寿命が短い(1日程度)

女の子になる精子と男の子になる精子は、まったく逆の特徴を持っていることが分かりますね。

こうした特徴を活かしてX染色体の精子・Y染色体の精子に有利な環境を作るのが、自然な流れの中で産み分けを行う方法となります。

 

産み分けの方法

ここからは、具体的な産み分けの方法を見ていくことにします。

自宅で自分だけでできる産み分け方法には、

性交するタイミングで産み分けをする方法(タイミング法)

産み分けゼリーを使って産み分けをする方法

があります。

さらに、

産婦人科の病院で診察を受けながら行う産み分け方法

海外の産婦人科で産み分けを行う方法

のように、病院にかかって行う方法もあります。

ここでは、それぞれの方法の特徴と費用を具体的にご紹介していきます。

性交するタイミングで産み分けをする方法

女の子になる精子と男の子になる精子の特徴をうまく利用して産み分けをする方法が、いわゆる「タイミング法」です。

タイミング法では、排卵日を予測特定することが大事になります。

女の子がほしい場合の性交タイミング

排卵日の2日前が、女の子になる精子に有利なベストタイミング。

ふだん膣内は酸性なのですが、排卵日になるとアルカリ性の粘液が分泌されます。アルカリ性に弱いX染色体精子が膣内でうまく生き延びるためには、排卵日の前、膣内がアルカリ性に傾く前に膣内を通過する方が有利になります。

また、X染色体精子は泳ぐスピードが遅く寿命も2~3日と長いので、排卵日の2日前に性交するとちょうど排卵されたころに卵子まで到達するというわけです。

男の子がほしい場合の性交タイミング

排卵日当日が、男の子になる精子に有利なベストタイミング。

上にも書いたとおり、ふだんは酸性の膣内が排卵日になると粘液が分泌されてアルカリ性に傾きます。Y染色体精子が活発に動くことができる環境になるわけですね。

さらに、Y染色体精子は泳ぐスピードが速いので、排卵日当日に性交しても十分間に合って卵子に到達できるというわけです。スピードが遅いX染色体精子(女の子になる精子)よりも速く卵子にたどりつけるんですね。

費用はどれくらい?

タイミングを合わせるだけなら、特に費用はかかりません。

ただ、この方法で産み分けをするためには、できるだけ正確に排卵日を計測することが必要になります。

最低でも、市販の排卵日予測検査薬を使った方がいいですね。

排卵日予測検査薬は、2,000円~3,000円くらいで販売されていますので、かかる費用としては最低2、3,000円くらいと考えていいでしょう。

*ただし、排卵日予測検査薬は「排卵日が1日前に分かる」というもの。女の子がほしい場合、排卵日の2~3日前に性交するのがベストですので、基礎体温などと併用して使った方がいいですね。

産み分けゼリーを使って産み分けをする方法

最近では産婦人科にかからずに手に入る安全な国産の産み分けゼリーが相次いで発売されるようになったため、多くのママたちが利用している人気の産み分け方法です。

産み分けゼリーの仕組み

産み分けゼリーには、「女の子用」「男の子用」があって、それぞれ膣内のpH値(酸性かアルカリ性か)をコントロールするための成分が配合されています。

女の子用は膣内のpH値を酸性に傾けるための成分

男の子用は膣内のpH値をアルカリ性に傾けるための成分

がそれぞれ配合されているため、産み分けゼリーを使うことで女の子になるX染色体精子・男の子になるY染色体精子に有利な膣内環境を作ることができるというわけです。

国産の産み分けゼリー比較

国産の産み分けゼリーで、2018年現在通販で買えるものは4種類あります。

ピンクゼリー・グリーンゼリー

ハローベビー

ベイビーサポート

ジュンビーピンクゼリー

それぞれの特徴を比較してみました。

ピンクゼリー・グリーンゼリー ハローベビー ベイビーサポート ジュンビーピンクゼリー
発売元 杉山産婦人科 シンゲンメディカル株式会社 株式会社 Coussinet ジュンビー株式会社
価格 10,000円(約5回分)

初回のみ会員登録料5,000円
10,000円(7本)
*プレミアムは12,800円(7本)
13,800円(7本) 14,800円(10本)
使い方 ビンに入ったゼリーを湯せんしてシリンジで吸い取ってから膣内に注入 シリンジ型容器に入っていて1本ずつ使い切り シリンジ型容器に入っていて1本ずつ使い切り シリンジ型容器に入っていて1本ずつ使い切り
特典 なし 妊活サプリプレゼント あまったゼリー買取キャンペーン 葉酸サプリプレゼント

あまったゼリー買取キャンペーン

杉山産婦人科で発売している「ピンクゼリー・グリーンゼリー」は、国内の産み分けゼリーの草分けとも言える存在。

産婦人科医で作ったゼリーなら安心感があるという人も多いのではないでしょうか。

ただ、ちょっと使い勝手がよくないというデメリットがあります。1回ずつビンに入ったゼリーを湯せんしてシリンジで吸い取って注入するので、1回の使用にかなりの時間と手間がかかります。

なので、ゼリーを使った産み分けを考えている方には、ハローベビー・ベイビーサポート・ジュンビーピンクゼリーといった通販のみで買えるゼリーを使うことをおすすめします。使い切りの容器に1回分のゼリーが入っているので、注入するだけでOK。手軽だし衛生的です。

産み分けゼリーの基本である「膣内のpH値を酸性またはアルカリ性に傾けるための成分」も当然ちゃんと配合されていますので、効果が劣るということもありません。

どの産み分けゼリーを選べばいいか分からない方は、こちらのタイプ別おすすめ産み分けゼリーのサイトが参考になりますのでチェックしてみてください。
↓ ↓

>>迷ったらチェック!通販の産み分けゼリー全比較|あなたにおすすめの産み分けゼリーは?

産み分けゼリーに副作用はある?

産み分けゼリーは、膣内に直接注入して使うもの。それだけに、母体や胎児に影響があるのではと心配になる方もいるのではないでしょうか。

現在、国内で販売されている産み分けゼリーのうち、ハローベビー・ベイビーサポート・ジュンビーピンクゼリーの「通販ゼリー」はどれもすべての成分が公表されているのですが、人体に影響を与えるような成分は使われていません。また、安全テストも徹底的に行われているので、副作用のリスクはほぼないと考えていいでしょう。

実際に発売元に確認したのですが、産み分けゼリーを使って副作用があったという報告は一件もないということでした。

費用はどれくらい?

ゼリーを使った産み分けにかかる費用は、そのままゼリー代ということになります。

1セット(7回~10回分)が10,000円~15,000円くらいなので、目安としては半年で1万円くらいと考えればいいでしょう。

また、ハローベビー・ベイビーサポート・ジュンビーピンクゼリーでは、妊活用のサプリが無料でもらえたり、あまった分のゼリーを買い取ってもらえるキャンペーンがあったりと、額面以上にお得に使えるようになっています。

産み分けの確率をアップさせたいけど、あまり高いお金はかけられないという方にとってはベストな選択肢になるはずです。

病院で産み分けをする方法

国内の産婦人科の中には、産み分け相談・指導を行っている医院もあります。

専門家の指導のもとで安心して産み分けに挑戦したいという方は、こうした産み分け指導をしてくれる産婦人科を探してみるといいでしょう。

どの産婦人科でも産み分けはできる?

ただ、どこの産婦人科医院でも産み分け指導をしてもらえるかというと答えは「ノー」です。

どちらかと言うとまだまだ産み分けに積極的でない産婦人科は多いので、事前に調べてから診察を受けた方がいいですね。

一般的な病院での産み分け指導とは?

病院での産み分けで最も一般的に行われているのが、排卵日を特定して「タイミング法」と「産み分けゼリー」を使うことで、女の子・男の子が産まれる確率をアップさせるという方法です。

*病院で処方される産み分けゼリーは、上でも取り上げた杉山産婦人科で発売している「ピンクゼリー・グリーンゼリー」です。

こう聞くと、「タイミング法と産み分けゼリーなら、病院にかからなくても自分でできるんじゃない?」と思いますよね?

ただ、一番の大きな違いは、タイミング法で必須の「排卵日の特定」です。

自分で排卵日を特定するには基礎体温や排卵日予測検査薬を使うことになりますが、病院で診察を受ければ超音波検査などでより正確に排卵日を特定することができるというメリットがあります。

パーコール法で産み分けする方法

不妊治療の技術を産み分けに適用したのが「パーコール法」です。

人工授精をするときに、あらかじめ精子をX染色体(女の子)のものとY染色体(男の子)のものに分離させて、希望の性別の精子を卵子と受精させるというものです。

タイミング法やゼリーを使っての産み分けと比べれば精度が高いようにも思えますが、X染色体精子とY染色体精子を確実に分離できるわけではない(何割かは混ざってしまう)こともあって、他の方法と比べて圧倒的に産み分けの確率が高いというわけではありません。

また、精子を分離してよりすぐったうえで人工授精するということもあって、妊娠の確率自体が下がってしまうというデメリットもあります。

費用はどれくらい?

タイミング法とゼリーを使った一般的な産み分け指導は、保険適用外の診療になります。

病院によっても差はありますが、だいたい1回の診療で2~3万円くらい(超音波検査やホルモン検査、産み分けゼリー代なども含む)と考えておけばいいでしょう。

パーコール法を使った産み分けの場合は、1回の診療で約3~5万円ほど。これに、注射や処方箋料などが追加でかかります。

タイミング法+ゼリーの産み分けでも、パーコール法での産み分けでも、1回の診療で確実に妊娠するというわけではありませんので、数十万円くらいの出費は想定しておいた方がいいでしょう。

また、病院での産み分けだからと言って、100%確実に産み分けができるというわけではありません。確率としては約70%程度と言われているので、通販の産み分けゼリーを使った場合とほぼ同じくらいの確率と考えられます。

海外で産み分けをする方法

海外で受けることができる産み分けに、「着床前診断」があります。

日本では「産み分け」のために着床前診断を利用することが認められていないため、この方法で産み分けに挑戦するためには海外での治療を受ける必要があります。

着床前診断というのは、子宮に着床する前の受精卵の染色体や遺伝子を診断して異常がないかどうか調べる技術です。

この診断を行うことで、子宮に戻す前に受精卵の性別も分かるので、確実な産み分けができるということになります。

*受精卵の性別は100%確実に分かりますが、その受精卵が100%確実に着床するわけではないので、妊娠できるかどうかはまた別の問題になります。

費用はどれくらい?

アメリカで着床前診断を受ける場合、診察などにかかる医療費+渡航費などで平均4~500万円くらいかかります。

また、1回の受診で確実に成功するわけではないので、2回、3回と続けて行うには医療費だけでなく滞在費なども追加でかかってきます。

経済的、時間的にかなり余裕がある方向けの方法と言えるでしょう。

中国式カレンダーでも産み分けはできる?

中国式カレンダーとは、その名のとおり中国に古くから伝わる産み分け方法のひとつです。

「確率が高いらしい」という声がある一方で、「いやいや、こんなの迷信でしょ!?」みたいなことを言う人もいますが、実際にこの中国式カレンダーでの産み分けは現実的なのでしょうか。

中国式カレンダーとは?

今から700年も前の中国で、当時の科学者が男女の出生の記録を集計してできたのが「中国式カレンダー」です。

多くの出生記録から、受胎月(受精卵が着床した月*ただし旧暦)とそのときのお母さんの年齢(数え年)で実際に男女どちらが多く生まれたのかという統計を導き出したものです。

そう、中国式カレンダーは産み分け方法というよりも、実は「統計による占い」みたいなものなんですね。

なので、男の子がほしいとか女の子がほしいという場合には、「ママの数え年が○歳のときには、△月に受胎すれば男の子(または女の子)が生まれやすい」というようにカレンダーを逆算して、狙った月に受胎をするように子作り計画をするというものです。

費用はどれくらい?

中国式カレンダーだけなら、費用は一切かかりません

ただし、上にも書いたように、科学的な根拠がある方法ではなくあくまでも統計の話なので、ほかの産み分け方法の補助的に使うのがいいかもしれませんね。

 

産み分けの成功率をより高くするためにできること

アメリカの産婦人科で行う着床前診断をのぞけば、ここで取り上げた産み分け方法の成功確率はどれも70~80%程度と言われています。

何もしなければ50%の確率なので、それでもかなり可能性は広がるということが分かると思います。

ただ、もっと成功率をアップさせたいと考えるのであれば、ここに取り上げた方法を色々組み合わせてみるといいでしょう。

たとえば、タイミング法を取りいれた上で産み分けゼリーも使うようにするとか、さらにそれに中国式カレンダーを取りいれてみるなどすれば、病院に通わなくても自分で可能性をより広げることができるようになります。

病院で指導を受ける場合でも、やはり排卵日の特定と産み分けゼリーを併用したりしますので、結局は「組み合わせて試す」というのが一番の成功率アップへの近道なんですね。

 

「やれることをやり切る」からこそすべての結果を受け入れられる

自宅で簡単にできる産み分け方法から、病院で大がかりに行う方法まで、産み分けにはいろんな選択肢があります。

産み分けに挑戦するときには、

続けやすいこと

経済的に苦しくないこと

が重要になってきます。1回の挑戦で必ず授かることができるわけではないので、ある程度気持ちと予算に余裕をもって続けられる方法を選ぶことが大事

実際に産み分けに挑戦した先輩ママたちの中には、「自分がやれることをやり切ってはじめて『ここまでやったんだから、あとは神様に任せよう』と自然と思えた」という声が多く聞かれます。

「女の子がほしい」「男の子がほしい」という願いだって、あなたの大切な気持ちです。

この気持ちを否定せずに産み分けに取り組めば、嬉しい結果を手にする確率がアップするだけでなく、もし希望とは違う結果になったときにも新しい家族を愛情たっぷりに迎えようという気持ちになれるはずです。

「あのとき、あれをしていれば」という後悔をする前に、今できることに取り組んでみてはいかがでしょうか。